無線機とトランシーバーの違い

無線機とトランシーバーの違い

トランシーバーとはトランスミッター(transmitter=送信機)とレシーバー(receiver=受信器)が一体型になっている装置を指します。
無線機には携帯型無線機、移動型無線機、固定型無線機などがあり、その中で受信機と送信機が一体型になった装置と、受信機・送信機が独立した形で一つの役目をしている装置があります。
実は、すべてのことを指して無線機と言います。
その中で電波の届く距離、周波数、電波を発射する場所の立地条件、使用するアンテナ、出力などで、用いる機体は大きく変わり、そこに免許の問題も加わります。
日本ではおおよそ電波を発射するものは「無線局」であるとされ、無線局の開設をするには「無線局の免許」が必要です。
そのため免許がなくても良い簡単な無線機と、免許が必要な無線機とに大きく分かれています。一般的に大衆向けに売られた簡単な無線機がトランシーバーと言われ、専門的に使われるものが無線機と考えられてきた模様です。
携帯電話も無線機の一種です。

  • 無線機とトランシーバーの違い

    無線機は機能により「受信機」と「送信機」に分類されます。一体型になったものもありますが、独立型では「情報を送るだけ」「情報を受け取るだけ」のどちらかしかできません。固定型無線機、移動型無線機といった中型~大型のものから、小型の携帯型無線機まで幅広い種類があります。

  • 無線機とトランシーバーの違い

    トランシーバーは「無線電波の送信機能と受信機能の両方を兼ね備えた無線機」のこと。小型のものが多く、複数人と一斉に連絡を取り合うことが可能なため、スポーツ大会、工事現場、大型施設の警備など、様々なシチュエーションで利用されています。

1対応の早さが違う!

無線機・トランシーバーは一斉に複数の人に連絡できますので、イベント等の行事、業務連絡などで素早く伝えることができます。一方携帯電話、PHSなどは1対1となるため全員に情報を伝達するためには時間がかかってしまいます。

2利用範囲が違う!

携帯電話・PHSは全国対応なので、広範囲の連絡においては有効的です。一方無線機・トランシーバーは限られた範囲での通信となります。しかし、そのシーンにより使い分けての通信が可能となり、災害等の通信手段で多く利用されているのが無線機・トランシーバーです。

3印象が違う!

例えばホテル、レストランといった場所で、従業員が連絡ツールとして携帯電話を利用していたら、印象はいかがでしょうか?仕事か個人的なことか見分けがつきません。
無線機やトランシーバーであれば、目立たず連絡・伝達を行うことができスムーズなイメージです。警備業務等で使用されていることでもお分かりいただけると思います。