製品紹介

用途で探す:宿泊施設 FTH-80 特定小電力トランシーバー

単信20ch + 中継27chのフルチャンネルに対応(*1)
通話エリアを拡大する中継通信用チャンネル全27chに対応。中継器を経由してより広範囲な通信、また遮へい物などで電波が届かなかった場所での通信が可能です。

400mW出力(*2)の大音量スピーカ
省電力設計でありながらも大音量を実現しました。クラス(*3)最大の400mW出力スピーカを採用し、屋外や騒音下でもクリアな音声を再生します。

見やすい大型LEDインジケータと液晶ディスプレイ
大型LEDインジケータを採用することで送受信の状態が明確にわかり、大型の液晶ディスプレイは、設定してあるチャンネルや音量などを常にくっきりと表示し連絡の漏れを軽減します。

シンプルなキーレイアウトでかんたん操作
前面のキーレイアウトをシンプルに、サイドの送信(PTT)ボタンを大型にすることで操作性がよく、誰にでも簡単に使いこなせます。

単3乾電池わずか2本で約60時間使用できる省電力設計
アルカリ単3乾電池2本で、約60時間(*4)の運用が可能な省電力設計です。また、別売オプションとして、繰り返し充電ができるリチウムイオン電池パック(BN60)も用意しています。

IPX5(防噴流形)相当(*5)の防水性能
水を扱う場所での使用や屋外での突然の雨にも耐えられるワンランク上の防水性能を持っています。

142通り(*6)のグループ通信
特定の相手とだけ通信するグループモードは142通りの設定ができ、必要な内容を必要な相手だけに伝えることで効率的な運営ができます。

会話のプライバシーを守る秘話機能搭載
仲間以外が会話を聞くことのできない秘話モードを搭載。秘話設定の無いトランシーバ同士では聞き取ることができないので、第三者に通話を聞かれる心配がありません。

緊急を知らせるエマージェンシーボタン
非常時にアラーム音で緊急状態を知らせることができます。また、緊急用のチャンネルへの切替え(メモリーチャンネル)ボタンとして設定することもできます。

周囲の騒音に応じてマイク感度が自動で切り替わる自動マイク感度切替え機能
周りの騒音レベルを感知し自動でマイク感度が可変するので、常に適切な音量での通信ができます。 屋内と屋外を頻繁に行き来するような場合に便利です。

ハンズフリー通信ができるVOX機能(*7)
音声で自動的に送信状態にすることができるVOX機能を使用すれば、送信ボタンの操作が不要のハンズフリー通話が可能となり、作業中でも手をとめることなく通話ができます。

空きチャンネルを自動検索するオートチャンネルセレクト機能(*8)
送信ボタン(PTT)を押すたびに、同じグループコードを設定したFTH-80どうしが空きチャンネルを自動で選んで通信をするため、チャンネルが混みあっている場合などに便利です。

ボタンを1度押すだけで送信状態を維持するPTTホールド機能(*9)
一度の送信時間が長い場合、送信ボタンのワンプッシュで送信状態をキープすることができます。再度送信ボタンを押すことで送信が解除され待ち受けに戻ります。

受信専用モードを搭載し、ガイドシステム子機としての利用に利便性を発揮
送信を禁止し受信(モニター)専用機として使用することができ、アナウンスメント型の現場指示や工場でのガイドシステムとしての利用に便利です。

圏内/圏外を自動表示するコールバック機能
同じグループ内で、相手方が通話できる範囲にいるか、電源が入っているかをチェックしながら通信ができます。 圏内/圏外は、電子音とディスプレイの表示で確認することができます。

RoHS指令に対応し、人の健康や環境を考慮
欧州連合(EU)の有害物質規制(RoHS指令)に対応し、地球環境に配慮しています。

その他の機能/特長
・ オプション使用時の、外部マイク感度切替え機能
・ 通信中のバックノイズを軽減する、コンパンダ機能
・ 終話時の”ザッ”という耳障りなノイズをカットする、PTTディレイ機能(グループモード時)
・ 高音を強調することができる、音質切替え機能
・ 一定の時間操作が無い場合に電源が自動で切れる、オートパワーセーブ機能

*1 中継器は別売となります。周囲の状況によって、中継器での通信距離は異なります。中継通信時の中継器は1台で複数台の連続中継には対応していません。
*2 リチウムイオン電池パックBN60(別売オプション)使用時
*3 単3乾電池1~3本で運用する特定小電力トランシーバのクラス
*4 イヤホンを使用しLEDインジケータをOFFの設定にした場合の時間(送信6秒、受信6秒、待受け48秒の割合にて)
*5 旧JIS保護等級5(防噴流形)相当:ホースから直接噴流を浴びせても動作に影響が無い構造であること。
*6 トーン方式38通り、DCS方式104通りの合計142通り(DCS方式は中継器を介さない交互通信時のみ対応)
*7 中継器を介さない交互通信時のみ対応
*8 連続送信は最大3分間です。(3分を超えると待ち受け状態に戻ります。)

オプション品はこちら